リュック型のビジネスバッグは、体の自由が利く移動に便利な仕様が特徴

多様な種類のあるビジネスバッグの中で、リュック型のバックを使用している人もいます。

持ち運びがしやすく、カジュアル性を重視する人にも好まれています。

ビジネスリュックのメリットや選び方のポイントを理解して、日頃の仕事に活用すると便利です。

ビジネスリュックは利便性の高いアイテム

リュック型のバックはプライベート感が強く、ビジネスには不向きと考えている人もいるでしょう。

特に、堅いイメージのある職種に就いているような人は、ビジネスリュックの使用に抵抗を感じる場合もあります。

職場環境として使いにくい場合は致し方ありませんが、そうでなければビジネスリュックは利便性の高いアイテムです。

例えば、自転車通勤の人は、ビジネスリュックを利用すれば便利です。

職場までの距離が長い場合は、スポーツ自転車を利用しているケースもあるでしょう。

スポーツ自転車には、荷物を入れる前カゴがついていない場合も多いです。

しかしビジネスリュックであればその必要なく、自分が背負うことでスムーズに移動できます。

この機能性は、仕事上でも普段使いとしてメリットが期待できます。

ビジネスリュックを利用することでスムーズな移動が可能

バッグを手に持ちながら移動するのは、何かと不便です。

両手の自由が利けば、外出時に様々な作業をする際もストレスが軽くなります。

特に外回りが多い人は、機能性の高いバッグを使用することで日常の負担が大きく軽減します。

重い荷物でも、手で持つよりは、背中に背負う方が負担は軽くなります。

ショルダーバッグのように肩にかける場合は、手で持つよりは楽ですが、一方の肩に負担がかかります。

ビジネスリュックを利用すれば、重さを全体で支えることになりバランスが良くなります。

両手の自由と同様に、体の自由も利くようになるため、瞬発力の高い移動が可能です。

デメリット部分も理解した上で上手に使いこなす

ビジネスリュックを上手に使いこなすためには、そのデメリット部分についても理解しておくことが必要です。

背中に背負っているため、荷物の出しにくさがあります。

リュックを一度下す動作が必要になり、頻繁に荷物を出し入れする場合はストレスが重なる可能性があります。

但し、そこまで荷物の出し入れをしないのであれば、特に問題はないと考えていい範囲です。

もう一つのデメリットとして、背中に背負うことで、スーツを痛めるリスクも意識する必要があります。

ビジネスリュックの使用期間が長くなれば、スーツの背中部分が擦れて負担になります。

もちろん着ているスーツの耐久性や、ビジネスリュックの使用頻度によって差があるため、一概には言えない部分です。

個人によってビジネスバッグの利用の仕方は違うため、自分の仕事状況に合わせて判断することが適切です。

収納性があって持ち運びも負担にならないものを選ぶ

ビジネスバッグを選ぶ際に、最初に意識すべきポイントは「収納性」です。

入れるものが多い場合は、容量の大きいビジネスバッグが適切です。

リュック型の場合も、もちろんこの点は同じです。

パソコンのような大きなものから小物に至るまで、収納性の高いビジネスリュックであれば便利な利用ができます。

もちろん、必要以上に幅の大きいバッグでは、持ち運びしにくいデメリットもあります。

普段の使用状態を考えて、大きさと収納性のバランスが取れたものを選ぶことが大切です。

ポケット付きのビジネスリュックは非常に便利であり、どの程度のポケットが付いているかもチェックしておくといいでしょう。

あまりにたくさんのポケットが付いていると、カジュアルすぎるように見られる可能性もあるため、適度なものがおすすめです。

デザインはビジネス用にふさわしいシンプルなものが適切

デザインについては、仕事で使用することを考えて、派手にならないようにすることが大切です。

黒を中心にした色合いで、シンプルなものが適しているでしょう。

スーツの色合いに合ったビジネスリュックを使用すれば、見た目にも違和感がなくなります。

営業用に利用する場合は、人に会うことを意識して、手提げ用としても使えるハンドル付きのビジネスリュックが便利です。

先方に対しても失礼にならず、移動する時には背負い、人に会う時には手提げバックにできるメリットがあります。

防水機能があれば雨の日も気にせず利用できる

防水機能も意識しておきたい部分です。

防水加工が施されていないバッグは、雨の日の持ち運びに不便です。

中に入れている大切な書類を濡らしてしまうようなことがあっては大変です。

特にリュック型の場合は、背中に担いでいるため、傘をさしていても濡れてしまう場合があります。

雨をいちいち気にしているようでは、外での移動が大きなストレスになります。

気持ちの面でも、防水加工が施されているビジネスバッグは安心感が高まるメリットがあります。

また、同じバックを長く使用することを想定するのであれば、できるだけ耐久性のいいものを選ぶことも大切です。

購入する際には、バックの素材や形状をしっかりチェックしておくといいでしょう。

まとめ

最近ではリュック型のビジネスバッグを利用している人も多いため、特に見た目の違和感もなく利用できます。

両手に荷物を持たない爽快感は、気分的にもプラスです。

但し、夏場は背負うことで背中が蒸れてしまうこともあります。

手提げ機能の付いたビジネスリュックであれば、どちらのパターンでも利用できるため、蒸れ防止にも役立ちます。